コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゴ酸(林檎酸) りんごさん malic acid

翻訳|malic acid

1件 の用語解説(リンゴ酸(林檎酸)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんごさん【リンゴ酸(林檎酸) malic acid】

ヒドロキシ酸(オキシカルボン酸)の一種で,オキシコハク酸hydroxysuccinic acidに相当する化合物。不斉炭素原子が1個含まれるので光学異性体が存在し,(+)‐,(-)‐,およびラセミ体の3種(図参照)が知られている。 天然に存在するのは(S)‐(-)‐リンゴ酸で,リンゴブドウなどの果実中に存在する。これは融点100℃の針状結晶で,水,アルコールには溶けるが,エーテルには溶けにくい。薄い水溶液は左旋性を示すが,濃度が高くなると右旋性を示すようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リンゴ酸(林檎酸)の関連キーワードカルボキシル基カルボン酸ヒドロキシルアミンヒドロキシル基オキシカルボン酸オキシ酸ヒドロキシ酸5-ヒドロキシトリプトファンデカルボキシラーゼヒドロキシトリプトファンデカルボキシラーゼβ-ヒドロキシ酪酸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone