コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)

1件 の用語解説(リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.1.1.38〜EC1.1.1.40].リンゴ酸酵素リンゴ酸-ピルビン酸カルボキシラーゼともいう.L-リンゴ酸を,NADもしくはNADP水素受容体として脱炭酸し,ピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素.NADP酵素は脂肪酸の生合成に際しNADPHを供給することから脂肪酸合成に重要である.脂肪酸合成の活発なときに,生合成が促進され活性が上昇する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)の関連キーワードフェノラーゼルシフェラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼアルコールデヒドロゲナーゼイソクエン酸デヒドロゲナーゼグリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素グルコースオキシダーゼ尿酸オキシダーゼリポキシゲナーゼ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone