リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)

栄養・生化学辞典の解説

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.1.1.38〜EC1.1.1.40].リンゴ酸酵素リンゴ酸-ピルビン酸カルボキシラーゼともいう.L-リンゴ酸を,NADもしくはNADPを水素受容体として脱炭酸し,ピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素.NADP酵素は脂肪酸の生合成に際しNADPHを供給することから脂肪酸合成に重要である.脂肪酸合成の活発なときに,生合成が促進され活性が上昇する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android