コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)

1件 の用語解説(リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ

 [EC1.1.1.38〜EC1.1.1.40].リンゴ酸酵素リンゴ酸-ピルビン酸カルボキシラーゼともいう.L-リンゴ酸を,NADもしくはNADP水素受容体として脱炭酸し,ピルビン酸を生成する反応を触媒する酵素.NADP酵素は脂肪酸の生合成に際しNADPHを供給することから脂肪酸合成に重要である.脂肪酸合成の活発なときに,生合成が促進され活性が上昇する.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)の関連キーワードリポキシゲナーゼアルコールデヒドロゲナーゼフェノラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼトリプトファンオキシゲナーゼルシフェラーゼアスコルビン酸オキシダーゼアルデヒドオキシダーゼイソ吉草酸CoA脱水素酵素

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone