コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンダン・ハーン Lingdan Khan

世界大百科事典 第2版の解説

リンダン・ハーン【Lingdan Khan】

1592‐1634
モンゴル最後の大ハーン。1604年,13歳で祖父ブヤン・セチェンを継いでハーンとなる。ラマ教の保護につとめたほか,みずからチンギス・ハーン,フビライ・ハーンの後継者に任じ,分裂していたモンゴリアの統一を目ざした。モンゴリア各地に軍事遠征を行い,26年ハラチン部を,28年トゥメット部を攻撃してこれを壊滅し,さらに30年ころには外モンゴルにまで勢力を伸ばした。また根拠地を内モンゴルのフフホト(帰化城)にうつした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リンダン・ハーンの関連キーワード徳川家光コルネイユ(Pierre Corneille)ガリレイコボ文禄シェークスピアカンファイスマトスロドリゲスマトス

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android