コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンダン・ハーン Lingdan Khan

1件 の用語解説(リンダン・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リンダン・ハーン【Lingdan Khan】

1592‐1634
モンゴル最後の大ハーン。1604年,13歳で祖父ブヤン・セチェンを継いでハーンとなる。ラマ教の保護につとめたほか,みずからチンギス・ハーンフビライ・ハーンの後継者に任じ,分裂していたモンゴリアの統一を目ざした。モンゴリア各地に軍事遠征を行い,26年ハラチン部を,28年トゥメット部を攻撃してこれを壊滅し,さらに30年ころには外モンゴルにまで勢力を伸ばした。また根拠地を内モンゴルのフフホト(帰化城)にうつした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リンダン・ハーンの関連キーワードモンゴル語モンゴル帝国モンゴルフィエ兄弟モンゴル文字内モンゴル自治区カラコルム蒙古エセン最後の悲劇オゴタイ・ハーン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone