コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンヒェーピング Linköping

世界大百科事典 第2版の解説

リンヒェーピング【Linköping】

スウェーデン南東部の都市。ストックホルムの南西160kmにある。人口13万1000(1996)。エステルイェートランド県の県都。工業の中心地で鉄鋼,鉄道,精糖,ビール醸造,織物,靴下,メリヤス類,タバコ,木材加工などが盛ん。12世紀に司教座が置かれ,中世には大商業都市であったが,1700年の大火以来しばらく振るわなかった。しかし1832年イェータ運河が全通して以後復活した。街は美しく,中心部にはスウェーデンの代表的彫刻家C.ミレス(1875‐1955)の手になる噴水と彫像がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android