コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンヒェーピング Linköping

2件 の用語解説(リンヒェーピングの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リンヒェーピング【Linköping】

スウェーデン南東部の都市。ストックホルムの南西160kmにある。人口13万1000(1996)。エステルイェートランド県の県都。工業の中心地で鉄鋼,鉄道,精糖,ビール醸造,織物,靴下,メリヤス類,タバコ,木材加工などが盛ん。12世紀に司教座が置かれ,中世には大商業都市であったが,1700年の大火以来しばらく振るわなかった。しかし1832年イェータ運河が全通して以後復活した。街は美しく,中心部にはスウェーデンの代表的彫刻家C.ミレス(1875‐1955)の手になる噴水と彫像がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リンヒェーピングの関連キーワードイェーテボリウプサラストックホルムウプサラ城エステルマルムカクネス塔ガムラスタングリップスホルム城マルメシェーグレン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone