コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン化ガリウム(燐化ガリウム) りんかガリウムgallium phosphide

世界大百科事典 第2版の解説

りんかガリウム【リン化ガリウム(燐化ガリウム) gallium phosphide】

化学式GaP。橙黄色半透明結晶。セン亜鉛鉱型構造をもつ。a0=10.300Å。ガリウムとリンとの直接反応,900~1000℃における酸化ガリウムとリンとの反応により得られる。未反応のガリウムを含むと緑黄色不透明となる。比重4.13,融点1465℃,透電定数9.1,エネルギー帯2.2eV。いわゆるIII‐V化合物(III族元素とV族元素との化合物)として,ケイ素,ゲルマニウムと類似の半導体の性質を有し,ヒ化ガリウムGaAs等と並んで重要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リン化ガリウム(燐化ガリウム)の関連キーワード適正農業規範GAPGAPグローバルGAPIII-V族化合物半導体発光ダイオードSPAモーレン シケットニートNEET

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android