コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン灰ウラン石(燐灰ウラン石) りんかいウランせき autunite

翻訳|autunite

1件 の用語解説(リン灰ウラン石(燐灰ウラン石)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんかいウランせき【リン灰ウラン石(燐灰ウラン石) autunite】

ウランの二次鉱物中の主要グループであるウラン雲母族の代表種。組成Ca(UO2)2(PO4)2・10~12H2O。カルシウムは他の陽イオンで,リンはヒ素で,それぞれ置換できるため,見かけの似た類縁種が多い。乾燥により結晶水の一部は容易に失われ,メタリン灰ウラン石となる。酸に可溶。正方晶系。鮮黄~黄緑色,透明~半透明。モース硬度2~2.5。比重3.1。紫外線により鮮黄緑色の強い蛍光を発する。四角板状の自形結晶の集合体または不定形の皮膜として産出。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リン灰ウラン石(燐灰ウラン石)の関連キーワードオープングループエージグループグループ学習ピッチブレンド一次鉱物二次鉱物ペドライトヒステロジェニックアルゴテルム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone