コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸アンモニウム(燐酸アンモニウム) りんさんアンモニウム ammonium phosphate

1件 の用語解説(リン酸アンモニウム(燐酸アンモニウム)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんさんアンモニウム【リン酸アンモニウム(燐酸アンモニウム) ammonium phosphate】

化学式(NH4)3PO4。第三リン酸アンモニウムともいう。3水和物が普通に知られている。3水和物(NH4)3PO4・3H2Oは無色柱状晶。空気中でアンモニアを失いやすい。水に可溶。水溶液を熱するとアンモニアを失って(NH4)H2PO4を生成する。リン酸二水素アンモニウムと塩化アンモニウムの水溶液にアンモニア水を加えて密閉し,冷却すると3水和物が得られる。リン安と呼ばれ,肥料として広く用いられる。水素塩(NH4)2HPO4,(NH4)H2PO4を単にリン酸アンモニウムということもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リン酸アンモニウム(燐酸アンモニウム)の関連キーワード硝酸アンモニウムモリブデン酸アンモニウムリン酸アンモニウム亜硝酸アンモニウム燐酸アンモニウムウリジン5'三リン酸三リン酸チアミン三リン酸トリポリリン酸ヌクレオチド三リン酸

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone