コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物) りんさんえんこうぶつphosphate mineral

1件 の用語解説(リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんさんえんこうぶつ【リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物) phosphate mineral】

リン酸基PO43-を主要化学成分としてもつ鉱物群。結晶構造の基本はケイ酸塩鉱物と類似していて,P原子を中心に4個の酸素原子で構成するPO4の正四面体である。ケイ酸塩に比べるとその重合の型式は天然物の場合はより簡単である。このPの一部はSi,As,Sなどで置換される場合もある。また鉱物群としてはヒ(砒)酸塩鉱物と同類似性が多く,多くの鉱物種はそれぞれ対応するヒ酸塩鉱物と同形の関係を示す。リン酸塩鉱物ストレング石strengite Fe3+(PO4)・2H2Oとヒ酸塩鉱物スコロド石scorodite Fe3+(AsO4)・2H2Oなどはその例である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リン酸塩鉱物(燐酸塩鉱物)の関連キーワードウィトロカイト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone