コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸肥料(燐酸肥料) りんさんひりょう phosphatic fertilizer

1件 の用語解説(リン酸肥料(燐酸肥料)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんさんひりょう【リン酸肥料(燐酸肥料) phosphatic fertilizer】

土壌にリン酸を供給することを目的として施用される肥料。核酸,リン脂質,糖リン酸,ATPなどの構成分としてリンあるいはリン酸は植物にとっても必要な養分であるが,土壌中のリン酸含有量は必ずしも多くないので,肥料として施用する必要がある。古くから用いられている有機質肥料米ぬか,骨粉,グアノはリン酸を比較的多く含み,リン酸肥料でもある。一般に骨粉中のリン酸は溶解性が小さく,肥効が低かったが,J.F.vonリービヒはこれに硫酸を作用させると肥効の高いリン酸肥料すなわち過リン酸石灰となることを見つけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リン酸肥料(燐酸肥料)の関連キーワードホスファゲン緑肥作物リン酸カルシウム維持飼料収納家具ウロン酸回路グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素バニリン酸リンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)牧草地経営体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone