リー(Mike Leigh)(読み)りー(英語表記)Mike Leigh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リー(Mike Leigh)
りー
Mike Leigh
(1943― )

イギリスの映画監督。イングランド中西部のサルファッド生まれ。即興を多用する独自の演出法で、人物の心理や感情を繊細に描くのを得意とする。俳優、演出家として舞台を経験したあと、1971年、『ブリーク・モーメント』で監督デビュー。その後、舞台やテレビを中心に活動し、『五月のナッツ』(1976)、『アビゲイルのパーティ』(1977)など人物の性格を鋭く風刺したコミカルなテレビ・ドラマで喝采(かっさい)を博す。1988年、『ハイ・ホープス』で映画に復帰。以後ネイキッド』(1993年、カンヌ国際映画祭監督賞)、『秘密と嘘』(1996年、カンヌ国際映画祭パルム・ドール)、『トプシー・ターヴィー』(1999)、『ヴェラ・ドレイク』(2004年、ベネチア国際映画祭金獅子賞)、『家族の庭』(2010)と、しだいに円熟の度を加えながら次々に秀作を発表している。

[宮本高晴]

資料 監督作品一覧

ブリーク・モーメント Bleak Moments(1971)
ハイ・ホープス High Hopes(1988)
ライフ・イズ・スイート Life Is Sweet(1990)
ネイキッド Naked(1993)
秘密と嘘 Secrets & Lies(1996)
キャリア・ガールズ Career Girls(1997)
トプシー・ターヴィー Topsy-Turvy(1999)
人生は、時々晴れ All or Nothing(2002)
ヴェラ・ドレイク Vera Drake(2004)
ハッピー・ゴー・ラッキー Happy-Go-Lucky(2008)
家族の庭 Another Year(2010)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android