リー(Robert Edward Lee)(読み)りー(英語表記)Robert Edward Lee

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リー(Robert Edward Lee)
りー
Robert Edward Lee
(1807―1870)

アメリカの軍人。バージニア生まれ。1829年、ウェスト・ポイントの士官学校を卒業。メキシコ戦争などに従軍ののち、52年同校の校長に就任。59年には、奴隷解放を要求してハーパーズ・フェリーを襲撃したジョン・ブラウンらの武装蜂起(ほうき)鎮圧の指揮をとる。南北戦争勃発(ぼっぱつ)(1861)と同時に、リンカーン大統領の強い懇請を振り切って南部の大義に殉ずべく南部連合軍に身を投じた。劣勢な南軍を指揮して果敢に戦い、65年南軍総司令官となったが、結局同年4月9日、アポマトックスにおいて北軍のグラント将軍のもとに降服することを余儀なくされた。ここに南北戦争は終結した。彼はその悲劇的経歴のゆえに、単に南部のみならずアメリカの国民的英雄となった。

[長田豊臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android