コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リースブーケ

結婚式・ウェディング用語集の解説

リースブーケ

リースブーケとは、ブーケの一つで、クリスマスに飾るリースの形をしたもののことをいいます。リースとは花冠のことを表します。欧米では、古くからリースをドアなどに飾る風習があります。これはリースが、永遠、幸運、幸福などを呼び込むお守りと考えられているためです。このリースを模したものがリングブーケで、永遠や幸福を意味するブーケなのです。リングブーケはウェディングブーケ、またはリースブーケとも呼ばれ、葉や花を環状に編み込んだ形をしています。しかし環状にしなければいけないということもなく、ハート型や星型にしたりすることもできます。また花のほかに果物や木の実を編みこむなどといった、個性的なアレンジを加えることも可能です。

出典|ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リースブーケの関連情報