コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リービッヒの最小律 リービッヒのさいしょうりつ

大辞林 第三版の解説

リービッヒのさいしょうりつ【リービッヒの最小律】

植物の生育や収量は、必要とする無機養分のうちで最も少量に存在するものによって支配されるという法則。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

リービッヒの最小律の関連キーワード最小律法則生育収量

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android