リーフアルコール(英語表記)leaf alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

リーフアルコール【leaf alcohol】

化学式CH3-CH2-CH=CH-CH2CH2OH。3‐ヘキセン‐1‐オール 3‐hexen‐1‐olの別称。植物の若葉に含有され,新鮮な青葉の香気をもつことによる名称である。イソアミルアルコールに似た強い香気をもつ無色の液体で,比重0.86,沸点157℃。水に微溶,アルコール,グリコール等の有機溶媒,エステル類に可溶,油に混和する。ヘキセンオールは二重結合の位置異性体のシス,トランス異性体があるが,二重結合位置が3位で,立体構造がシスのリーフアルコールのみが強い青葉の芳香をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android