コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーフアルコール leaf alcohol

世界大百科事典 第2版の解説

リーフアルコール【leaf alcohol】

化学式CH3-CH2-CH=CH-CH2CH2OH。3‐ヘキセン‐1‐オール 3‐hexen‐1‐olの別称。植物の若葉に含有され,新鮮な青葉の香気をもつことによる名称である。イソアミルアルコールに似た強い香気をもつ無色の液体で,比重0.86,沸点157℃。水に微溶,アルコール,グリコール等の有機溶媒,エステル類に可溶,油に混和する。ヘキセンオールは二重結合の位置異性体のシス,トランス異性体があるが,二重結合位置が3位で,立体構造がシスのリーフアルコールのみが強い青葉の芳香をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リーフアルコールの関連キーワードケトンカルボン酸アルカンアリル基ヘキサンアルケン吉草酸アルカンアクリロニトリル不飽和化合物

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android