コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーワード[諸島] リーワード

2件 の用語解説(リーワード[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リーワード[諸島]【リーワード】

西インド諸島,小アンティル諸島の北半部にあるバージン諸島(英・米)からドミニカ島までの島々で,火山島が多い。ウィンドワード諸島に対する。独立国としては,セントクリストファー・ネービスアンティグア・バーブーダドミニカ国があり,他にアングイラ島(英),モントセラト(モントセラット)島(英),グアドループ島(仏)などからなる。
→関連項目モントセラト島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リーワード[諸島]【Leeward Islands】

西インド諸島東部,小アンティル諸島のうち北部を構成する島群。バージン諸島からドミニカ島まで南東に連なり火山島が多い。熱帯に位置するが海洋性気候で快適。イギリスフランスアメリカ自治領からなるが,ドミニカ連邦(1978),アンティグア・バーブーダ(1981),セントクリストファー・ネビス(1983)が独立を達成した。バナナサトウキビタバコなどを多産するほか,避寒地として有名。1493年コロンブスにより〈発見〉された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のリーワード[諸島]の言及

【アンティル[諸島]】より

… ヨーロッパでは,中世から大西洋の向こうにはアンティリアAntiliaと呼ばれる土地があると想像されていたが,コロンブスの新世界発見後,スペイン人がハイチをアンティリアにあて(1493),1502年の地図では諸島をスペイン語でアンティリャスAntillasと呼んだ。また小アンティル諸島のうちグレナダから北西にある島々は貿易風の恵みをうけるのでバルロベントBarlovento諸島,英語でウィンドワード諸島と呼び,ベネズエラ沖の島々をソタベントSotavento諸島(〈風下〉の意),英語でリーワード諸島と呼んでいる。スペイン人はおもに大アンティル諸島を征服・植民したが,小アンティル諸島では原住民を奴隷として徴発するばかりで,ほとんど植民を行わず,その後イギリス,フランス,オランダなどが進出した。…

※「リーワード[諸島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リーワード[諸島]の関連キーワードアンダマン諸島アンドロス島オランダ領アンティルシェトランド諸島小アンティル諸島大アンティル諸島西インド諸島バージン諸島バルバドスマルティニーク島

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone