ルイス(読み)るいす(英語表記)Clarence Irving Lewis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイス(Clarence Irving Lewis)
るいす
Clarence Irving Lewis
(1883―1964)

アメリカの哲学者。マサチューセッツ州の生まれ。ハーバード大学卒業。カリフォルニア大学、ハーバード大学で教えた。その哲学はプラグマティズムとカント主義の総合といわれ、認識論・価値論の領域で多くの仕事をしたが、その総合はかならずしも成功したものとはみられない。むしろ、近代的な様相論理学の創始者として知られている。すなわち彼は、現代論理学の含意関係が、日常語の「ならば」の用法に忠実でないのに不満を抱き、この点の欠陥を補うと思われる様相論理の公理系をいくつか提案した。著書には『記号論理学概観』(1918)、『知識と評価の分析』(1946)などがある。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルイスの関連情報