ルイス(読み)るいす(英語表記)John Llewellyn Lewis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイス(John Llewellyn Lewis)
るいす
John Llewellyn Lewis
(1880―1969)

アメリカの労働運動指導者。アイオワ州ルカス生まれ。幼時から炭鉱で働き、1919年合同炭鉱労働組合(UMWA)副会長、1920年会長となり、1960年までUMWAを指導。労組の産業別編成方式を主張して、アメリカ労働総同盟(AFL)内左派とともに1938年産業別組合会議(CIO)を結成し初代会長。ニューディール政策のF・D・ルーズベルト大統領を最初は支持したが、1940年には共和党候補を支持してルーズベルト3選に反対、CIO会長を辞任。1942年戦争協力のマレーCIO会長と対立し、UMWAをCIOから脱退させた。1946年AFLに復帰させたが、1947年組合活動を極端に規制するタフト‐ハートレー法に反対してふたたびAFLを脱退。AFLとCIOの合同(1955)以後もUMWAの独立した地位を守り、アイゼンハワー大統領の相互安全保障計画の助言者の一人といわれた。[河内信幸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルイスの関連情報