コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウショウマ(類葉升麻) ルイヨウショウマActaea asiatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイヨウショウマ(類葉升麻)
ルイヨウショウマ
Actaea asiatica

キンポウゲ科の多年草。日本全域の山地の薄暗い林下や谷間に生える。の高さ約 60cm,基部には数枚の鱗片葉がある。葉は大きな複葉で,長い柄があり,小葉は長三角形に近く,大小の不整鋸歯があって,ときには2~3裂片に分裂する。全体が深緑色では多少赤みを帯びる。初夏に,1本の茎を高く出し,茎頂に多数の4弁の白色小花を総状に密につける。萼は4枚で咲くと落ちる。多数のおしべがあって目立つ。花後,軸のまわりに黒色球形の液果を横向きにつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルイヨウショウマ(類葉升麻)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android