コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウボタン(類葉牡丹) ルイヨウボタンCaulophyllum robustum; blue cohosh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイヨウボタン(類葉牡丹)
ルイヨウボタン
Caulophyllum robustum; blue cohosh

メギ科の多年草。ボタンソウともいう。温帯山地の深い森林中に生える。多くの節があって横走する地下茎から1本の直立茎を出し,高さは 50cm内外で,これに長い柄のある3回3出複葉をつける。小葉は鋭尖頭の長楕円形で全縁,ときに2~3の裂片に分れる。質は軟らかく無毛で,下面白粉をつける。初夏,黄緑色の花をつけるが,目立つのは萼で,花弁は退化している。花後,子房は大きくならずに裂開し,中の種子を裸出させる。種子は2個並んで青く成熟し,種皮肉質を帯びるので果実状にみえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルイヨウボタン(類葉牡丹)の関連キーワードルイヨウボタンメギ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android