コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ・フィリップ・アルベール Louis-Philippe-Albert d'Orléans, Comte de Paris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ・フィリップ・アルベール
Louis-Philippe-Albert d'Orléans, Comte de Paris

[生]1838.8.24. パリ
[没]1894.9.8. トゥイッケナム
フランス王ルイ・フィリップの孫でオルレアン王朝派の後継者。パリ伯。二月革命後アイゼナハで成長し,次いでイギリスに居住。 1861~62年アメリカ南北戦争に北軍側志願兵として参戦。ナポレオン3世没後,71年フランスに帰国し,正統王朝派シャンボール伯 (シャルル 10世の孫) と王政復古の主導権争いをし,シャンボール伯に忠誠を誓うことになった。しかし国旗について後者は前者の主張する三色旗に譲歩せず,結局両王党派の連合は流産し,第三共和政の確立を可能にした。シャンボール伯の死 (1883) によって正統王朝派の大部分がオルレアン王朝派に加担したが,共和主義者の「旧王族追放令」 (86) により,イギリスに亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルイ・フィリップ・アルベールの関連キーワード二月革命[フランス]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android