ルイーザ テトラッツィーニ(英語表記)Luisa Tetrazzini

20世紀西洋人名事典の解説

ルイーザ テトラッツィーニ
Luisa Tetrazzini


1871.6.28 - 1940.4.28
イタリアのソプラノ歌手。
フィレンツェ生まれ。
姉のエヴァもソプラノ歌手。1892年フィレンツェで、「アフリカの女」のイエネスを歌いデビューする。1898年南米に演奏旅行する。その後サンフランシスコベネズエラなどで歌い活躍し、1907年ロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場に出演し、「椿姫」のヴィオレッタを歌い、大成功を納める。その後、ニューヨークのマンハッタン劇場やメトロポリタン歌劇場、シカゴ歌劇場に出演する。’25年の長期に及んだコンサートは有名。’34年引退する。晩年は、ミラノで教授として活躍する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android