コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイーザ テトラッツィーニ Luisa Tetrazzini

20世紀西洋人名事典の解説

ルイーザ テトラッツィーニ
Luisa Tetrazzini


1871.6.28 - 1940.4.28
イタリアのソプラノ歌手。
フィレンツェ生まれ。
姉のエヴァもソプラノ歌手。1892年フィレンツェで、「アフリカの女」のイエネスを歌いデビューする。1898年南米に演奏旅行する。その後サンフランシスコベネズエラなどで歌い活躍し、1907年ロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場に出演し、「椿姫」のヴィオレッタを歌い、大成功を納める。その後、ニューヨークのマンハッタン劇場やメトロポリタン歌劇場、シカゴ歌劇場に出演する。’25年の長期に及んだコンサートは有名。’34年引退する。晩年は、ミラノで教授として活躍する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ルイーザ テトラッツィーニの関連キーワード大庭秀雄清水宏廃藩置県ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android