ルイーズ フレッチャー(英語表記)Louise Fletcher

20世紀西洋人名事典の解説

ルイーズ フレッチャー
Louise Fletcher


1934.7 -
女優。
アラバマ州バーミンガム生まれ。
牧師の娘で両親とも言葉が不自由なため、3歳まで言葉を知らなかった。演劇を北カリフォーニア大学で学んだ後、舞台「Rainmaker」等に出演。その後端役女優としてテレビや映画に出演。1962年プロデューサーのジェリー・ビックと結婚し芸能界から引退。’74年「ボウイ&キーチ」でカムバック。’75年アカデミー主演女優賞を「カッコーの巣の上で」で受賞。その後味のあるバイプレイヤーとして活躍。他の作品に「炎の少女チャーリー」(’84年)、「スペースインベーダー」(’86年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android