コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイ17世(読み)ルイじゅうななせい(英語表記)Louis XVII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイ17世
ルイじゅうななせい
Louis XVII

[生]1785.3.27. ベルサイユ
[没]1795.6.8. パリ
名目上のフランス王(在位 1793~95),ノルマンディー公(在位 1789~93)。フランス王ルイ16世と王妃マリ・アントアネットの二男。洗礼名ルイ・シャルル。ノルマンディー公の爵位を得ていたが,フランス革命勃発直後の 1789年6月に当時 8歳の兄ルイ・ジョゼフが死亡したためフランス王太子(王位継承者)になった。1792年8月の民衆蜂起で王権が停止されたのをうけて,ほかの王族とともにパリのタンプル塔に幽閉された。1793年1月にルイ16世が斬首刑に処されるとただちに亡命貴族によって新しいフランス王であると宣言された。フランスはオーストリア,プロイセンと戦争中であったため,ルイ17世は革命政府とその交戦相手の間の貴重な取り引き材料となった。1793年7月,母マリ・アントアネットのもとから連れ去られ,靴職人アントアーヌ・シモンに預けられた。1793年10月マリ・アントアネットが処刑されると,1794年1月再びタンプル塔に幽閉され,その厳しい環境下,健康状態が急激に悪化,頸部リンパ節結核で死亡した。ルイ17世の死は,政治勢力として再起した立憲君主派にとって大きな打撃となった。最期の日々が不明だったことから噂が飛び交い,その後数十年にわたってルイ17世を自称する人物が 30人以上現れた。1999年後半,ルイ17世のものと称して保存されていた心臓の DNA鑑定が行なわれ,2000年4月,幽閉中に死亡した男児が本当にルイ17世であると発表された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイ17世

生年月日:1785年3月27日
フランスの名目上の王(1793〜95)
1795年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android