コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルコウソウ(縷紅草) ルコウソウ Quamoclit pennata; cypress vine

2件 の用語解説(ルコウソウ(縷紅草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルコウソウ(縷紅草)
ルコウソウ
Quamoclit pennata; cypress vine

ヒルガオ科のつる性一年草。熱帯アメリカ原産で,日本でも古くから観賞用として栽培されている。茎は1~2mに伸び,他物に左巻きにからむ。葉は互生し有柄で羽状に裂け,各裂片は糸状,全体は長さ3~4cmあり,緑色で美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルコウソウ【ルコウソウ(縷紅草) cypress vine】

ヒルガオ科のつる性一年草(イラスト)。ホソバルコウソウともいう。葉は羽毛状に細裂し,夏に鮮紅色,桃色,白色などの星形の花を葉腋(ようえき)から出る花梗に2花ずつつける。種子は黒褐色で細長い。 ルコウソウ属Quamoclit(英名star‐glory)の植物は熱帯地方に約10種が分布するつる性の一年草である。観賞用に栽培されるのはホソバルコウソウのほかに,ハゴロモルコウソウやマルバルコウソウがある。ハゴロモルコウソウQ.sloteri Nieuwl.(イラスト)はモミジルコウソウとも,また俗にチョウセンアサガオとも呼ばれ,1917年ごろアメリカでルコウソウとウチワルコウQ.coccinea (L.) Moench(英名star ipomoea)との交配によって作出されたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルコウソウ(縷紅草)の関連キーワードヨウサイヨルガオ(夜顔)イシミカワごおや浜昼顔丸葉朝顔夜顔蕹菜軍配昼顔ハマヒルガオ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone