コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドルフ1世 ルドルフいっせいRudolf I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルドルフ1世
ルドルフいっせい
Rudolf I

[生]1218.5.1. ブライスガウ,リンブルク城
[没]1291.7.15. シュパイエル
ハプスブルク家最初のドイツ王,神聖ローマ皇帝 (在位 1273~91) 。ホーエンシュタウフェン家の皇帝フリードリヒ2世の盟友として領土を広げ,大空位時代の混乱ののち,1273年対立候補者ボヘミア王オタカル2世を破って帝位に選出された。その際ローマ教皇庁は,イタリアにおける皇帝権放棄と新十字軍出征を条件として彼の帝位を承認。 78年デュルンクルトの戦いでオタカル2世を敗死させ,オーストリア,シュタイエルマルク,ケルンテン,クラインなどの領土を没収,これを2人の子アルブレヒトとルドルフに授封して,後年のハプスブルク大帝国の基礎を築いた。在世中領邦諸侯の協力を得てドイツの治安確立に努め,都市に対する課税権をあらためて主張した。また対外進出を企てる隣国フランスに対抗するため,84年ブルゴーニュ公の娘イザベルと結婚,89年ブルゴーニュ伯に臣下の礼を強要した。ハプスブルク家に帝位を相続させようと努めたが,同家の強大化を恐れる選帝侯の抵抗で実現せず,同家による帝位継承は 15世紀に入ってから実現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ルドルフ1世

生年月日:1218年5月1日
ハプスブルク家最初の神聖ローマ皇帝(在位1273〜91)
1291年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ルドルフ1世の関連キーワードアドルフ・フォン・ナッサウドイツ・オーストリア音楽ホーエンツォレルン家ハプスブルク[家]グレゴリウス10世ネーフェルスの戦いアルブレヒト1世トゥールガウ州ワーツラフ2世ラースロー4世ニコラウス3世領邦国家生年月日原初三州永久同盟

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android