ルネ ビビアーニ(英語表記)René Viviani

20世紀西洋人名事典の解説

ルネ ビビアーニ
René Viviani


1863 - 1925
フランスの政治家。
元・フランス首相。
アルジェリア生まれ。
パリで弁護士として出発し、1893年下院議員に当選し、ジョレスらと独立社会主義派を結成する。1906〜10年までクレマンソー内閣、ブリアン内閣で労働相等を務め、労働立法成立に貢献した。1910以降は上院議員を務め、’13年文相となり、’14年6月首相兼外相に就任し、第一次大戦勃発に当たって挙国一致を議会で通過させた。翌年辞職し、後継内閣の法相となった。’21〜22年のワシントン会議でフランス代表を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android