ルパン対ホームズ

デジタル大辞泉プラスの解説

ルパン対ホームズ

フランスの小説家モーリス・ルブランの冒険推理小説(1908)。原題《〈仏〉Arsène Lupin contre Herlock Sholmès》。「アルセーヌ・ルパン」シリーズの1作で、「金髪の美女」「ユダヤのランプ」の2中編からなる。「シャーロック・ホームズ」シリーズの作者コナン・ドイルからの抗議で、原作ではイギリスの名探偵の名は「エルロック・ショルメ」に変更されている。『怪盗対名探偵』の邦題もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android