コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルピー貨切下げ ルピーかきりさげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルピー貨切下げ
ルピーかきりさげ

1991年にインドの N.ラオを首相とする新政府が思い切った経済自由化を促進するため,7月に段階的に行なった 18%のルピー切下げ。政府が 80年代以降に進めてきた経済自由化策の一環。これに伴い,1ドルが 28ルピーとされた。国内には政府が世界銀行や IMFから圧力を受けたとして強い批判が起きた。その後,ルピーは 92年には一部交換可能,93年には完全な兌換通貨となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルピー貨切下げの関連キーワードスペースシャトル飛行記録ケビン コスナー今江祥智磯崎新トルクメニスタン道浦母都子ユーゴ紛争[各個指定]芸能部門畑知子エゴロワ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android