ルフェーブル・デタープル(英語表記)Lefèvre d'Étaples, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルフェーブル・デタープル
Lefèvre d'Étaples, Jacques

[生]1455頃.エタープル
[没]1536.3. ネラック
フランスの神学者,ユマニスト。パリとイタリアで古典語,古典文芸,新プラトン派の神秘思想などを学ぶ。アリストテレスの研究と並行して,古代文芸とキリスト教信仰の調和を目指し,エラスムスと同様聖書の原典研究にもたずさわった。旧約聖書『詩篇』,パウロ書簡,福音書,公同書簡などの校注,解義を著わし,聖書のフランス語訳を完成 (1530) する一方,教会制度の平和的改革の実践活動に乗出した。 1521年からパリの東モーの町で「モーの聖書学者」 Groupe de Meauxの中心として活躍したが,ソルボンヌなどの迫害で運動は挫折。晩年はマルグリット・ダングレーム庇護を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルフェーブル・デタープル
るふぇーぶるでたーぷる
Jacques Lefvre d'taplesフランス語
Faber Stapulensisラテン語
(1455―1536)

フランスのエタープル生まれの人文主義者。パリ大学に学び、優れたギリシア語の知識から、アリストテレスが誤解されていることに気づき、イタリアでアリストテレス学者と交際を結んだのち、主として対話形式の注釈をつけて、アリストテレスの著作刊行に努めた。古代哲学復興の努力は、同時代人から高く評価され、フランスやドイツにおけるアリストテレス研究を大いに促した。他方、聖書、とくにパウロの書簡、教父、中世の神秘家などの著作を研究した。その際、カトリックとプロテスタントの対立に中立を保とうとはしたものの、自由と恩寵(おんちょう)の問題についてペラギウス派に近いと目され、二度裁判にかけられ、異端の宣告も受けた。[大谷啓治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android