コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルフヌ島 ルフヌトウ

デジタル大辞泉の解説

ルフヌ‐とう〔‐タウ〕【ルフヌ島】

Ruhnu》エストニア西部、バルト海のリガ湾にある島。18世紀初頭までスウェーデン領。その後、帝政ロシア、ドイツの支配を経て、第二次大戦後にソ連が再占領し、エストニア人の移住が進められた。17世紀半ばに建てられた同国最古の木造教会やギュスタブ=エッフェル設計の灯台がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ルフヌ島の関連キーワードエストニア帝政ロシアバルト海

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android