ルブラン(読み)るぶらん(英語表記)Maurice Leblanc

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルブラン(Maurice Leblanc)
るぶらん
Maurice Leblanc
(1864―1941)

フランスの推理作家。有名な怪盗紳士アルセーヌ・ルパンArsne Lupinの創作者である。警察関係の新聞記者のかたわら、1892年夏から小説を書き始めたが、かならずしも成功しなかった。1906年、新聞社の依頼でルパンを主人公とする短編を発表し、それを集めた短編集『怪盗紳士ルパン』(1907)によって爆発的人気を獲得した。
 ルパンは探偵と盗賊を兼ね、法と権力を敵に回し、変装の名人で、あらゆるスポーツに通じた神出鬼没のスーパーマンである。『水晶の栓』(1910)、『奇巌城(きがんじょう)』(1912)、『虎(とら)の牙(きば)』(1921)、『813(はちいちさん)』(1923)など多数の長編のなかには、イギリスの名探偵ホームズをもじったアロック・ショルムHerlock Shormesとルパンが対決する『ルパン対ホームズ』(1907)といったものもある。現代の推理小説の立場からみれば、ルパンの推理や活動には古風な通俗小説の飛躍や偶然も多いが、短編集『八点鐘』(1923)などは現代推理小説の味をもつものとして定評がある。ルブランは作家としての成功によって、レジオン・ドヌール勲章を受けた。[梶 龍雄]
『『世界推理名作全集 二』(1969・中央公論社) ▽石川湧訳『怪盗紳士リュパン』『リュパン対ホームズ』『水晶の栓』『奇巌城』(創元推理文庫) ▽井上勇訳『リュパンの告白』『虎の牙』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルブランの関連情報