コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブー・アルハーリー砂漠 ルブーアルハーリーさばく al‐Rub‘ al‐Khālī

1件 の用語解説(ルブー・アルハーリー砂漠の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルブーアルハーリーさばく【ルブー・アルハーリー砂漠 al‐Rub‘ al‐Khālī】

アラビア半島南部に位置する砂漠で,〈虚無の区域〉と呼ばれる。東西1200km,南北650km,面積約60万km2に及ぶ。呼称は〈空虚の1/4〉という意。地元ではリマールal‐Rimāl(〈砂〉の意)と呼ばれる。東半分には南北縦断に利用できる井戸が点在し,遊牧民が定期的に訪れるが,残る部分は不毛で生活に適さない。アメリカの石油会社アラムコなどが1967年以来,全域を調査したが,地下水資源は発見されたものの,採算のとれる油田は確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルブー・アルハーリー砂漠の関連キーワードアラビア海アラビア語アラビア半島アラブ人ネフド砂漠ペルシア湾リビア砂漠亜剌比亜アラビア糊シトニア半島

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone