コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブー・アルハーリー砂漠 ルブーアルハーリーさばくal‐Rub‘ al‐Khālī

1件 の用語解説(ルブー・アルハーリー砂漠の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルブーアルハーリーさばく【ルブー・アルハーリー砂漠 al‐Rub‘ al‐Khālī】

アラビア半島南部に位置する砂漠で,〈虚無の区域〉と呼ばれる。東西1200km,南北650km,面積約60万km2に及ぶ。呼称は〈空虚の1/4〉という意。地元ではリマールal‐Rimāl(〈砂〉の意)と呼ばれる。東半分には南北縦断に利用できる井戸が点在し,遊牧民が定期的に訪れるが,残る部分は不毛で生活に適さない。アメリカの石油会社アラムコなどが1967年以来,全域を調査したが,地下水資源は発見されたものの,採算のとれる油田は確認されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone