コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルメイラ油田 ルメイラゆでんRumaila oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルメイラ油田
ルメイラゆでん
Rumaila oil field

イラク南東部に位置するイラク第2の油田。クウェートとの国境にまたがる。1953年に発見され,イラクのバスラ石油が 1954年に生産を開始した。1977年,石油産業国有化に伴いイラク国営石油 INOCの管理下に置かれ,国営の南部石油 SOCが操業。クウェートが傾斜掘削によりイラク領内の石油を盗んでいるとのイラク側主張は,1990年のイラクによるクウェート侵攻,その後の湾岸戦争の一因となった。2009年6月,イラク政府は国内油田の増産を目指し,開発権の入札を実施,ルメイラ油田に対しては BP中国石油天然ガス集団 CNPCが応札し,20年間の開発契約を獲得した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルメイラ油田の関連キーワードイラク・クウェート国境画定問題

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android