コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリカケス(瑠璃橿鳥) ルリカケスLidth’s jay

世界大百科事典 第2版の解説

ルリカケス【ルリカケス(瑠璃橿鳥) Lidth’s jay】

スズメ目カラス科の鳥(イラスト)。全長約38cm。鹿児島県の奄美大島加計呂麻島請島に特産の美しいカケスで,額とのどは黒く,頭頂から後頸(こうけい)と胸,雨覆や三列風切,尾は濃紫色,背と腹は栗色である。風切羽尾羽の先端は白い。くちばしは先半分が黄白色,基部が暗青色,脚は黒い。常緑広葉樹林や林の近くの農耕地などに留鳥として生息している。3~4月に,大きな木の樹洞の中に営巣する。しかし,最近奄美大島では人家の戸袋に営巣するものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のルリカケス(瑠璃橿鳥)の言及

【カケス(掛子)】より

…1腹の卵数は4~6個。カケス属には,本種のほかに,奄美大島と徳之島に分布するルリカケスG.lidthi(イラスト)と中・西部ヒマラヤ山地に分布するミヤマコンヨウキンG.lanceolatusの2種がある。なおカケス類という場合は,さらに多くの属の鳥を指すことがある。…

※「ルリカケス(瑠璃橿鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android