コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルリソウ(瑠璃草) ルリソウOmphalodes krameri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリソウ(瑠璃草)
ルリソウ
Omphalodes krameri

ムラサキ科の多年草。北海道と本州の山地の林内に生える。茎は直立し高さ 20~40cmあって,白色の毛が多い。根出葉は基部が細く葉柄状となる。茎葉は倒披針形で全縁,下部のものは根出葉より長い。4~6月にかけて,茎頂が二叉に分れ総状花序をつける。萼は緑色で5裂し毛があって花後にやや大きくなる。花冠は紫色で花筒は短い。果実は4分果で,分果は円形,縁に鉤状のとげを列生する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android