ルリミノキ(瑠璃実の木)(読み)ルリミノキ(英語表記)Lasianthus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルリミノキ(瑠璃実の木)
ルリミノキ
Lasianthus japonicus

アカネ科の常緑低木。静岡県以西の暖かい山林内に生育し,台湾,中国南部まで分布する。高さ 1.5mほど。葉は対生し長さ 1cmほどの柄がある。葉身は長楕円形で長さ9~15cm,全縁で先がやや尾状にとがり,濃緑色,革質で毛はない。5~6月頃,葉腋に小さな白色花がいくつか集ってつく。花冠は長さ約 1cmの筒状で先が浅く4~6裂する。花冠内壁には短毛が密生し,その入口付近に4~6本のおしべが付着する。めしべは長い花柱をもち,先は5裂する。果実は径約 8mmの球形瑠璃色を示し,これが和名のもとになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android