コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワンダと民族紛争

1件 の用語解説(ルワンダと民族紛争の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ルワンダと民族紛争

19世紀末から1962年の独立まで欧州諸国の植民地となったルワンダでは、少数派ツチと多数派フツの間で民族紛争が長く続いた。94年の大統領機撃墜をきっかけにツチと穏健派フツに対する虐殺が発生、3カ月ほどの間に数十万人が犠牲となった。ツチ主導の新政権が復興を進めるが、人口900万人の1割近い人々が、紛争による負傷のほか、医療の未整備のため障害を持つとされている。

(2010-04-16 朝日新聞 朝刊 福井全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルワンダと民族紛争の関連キーワードジャズ平安時代ルワンダローマ条約源平時代ターレルベルエポックENDオーバーステップエリトリアの独立

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone