コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワンダ内戦とフランス

1件 の用語解説(ルワンダ内戦とフランスの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ルワンダ内戦とフランス

90年代前半のルワンダ内戦は、多数派フツ族中心でフランスと密接な関係にあったハビャリマナ大統領の政府と、英語圏ウガンダの支援を受けた少数派ツチ族主体の「ルワンダ愛国戦線」(RPF)が対立。94年4月、ハビャリマナ大統領の搭乗機が撃墜されたのを機にフツ族民兵らによる大虐殺が起きた。その後、RPFが全土を制圧して政権を掌握。04年、撃墜事件の首謀者がRPF出身のカガメ現大統領らだとの報告書を仏捜査当局がまとめ、ルワンダ側が反発。06年に対仏断交した。

(2007-07-04 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルワンダ内戦とフランスの関連キーワードルワンダルワンダ大虐殺ルワンダ内戦少数派多数派ルワンダ虐殺ワンダウンルワンダ紛争ルワンダと民族紛争

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone