コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワー門 ルワーモン

デジタル大辞泉の解説

ルワー‐もん【ルワー門】

Bab el Rouah》モロッコの首都ラバトにある門。12世紀末、ムワッヒド朝のヤークーブ=アル=マンスールにより建造。保存状態が良いことで知られる。内部はギャラリーになっており、同国の現代美術作品が展示されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ルワー門の関連キーワードバベルマンデブ海峡ムリサ門イエメン門バーブ廟アグノウ門ズウェーラ門ナスル門ブージュルード門フトゥーフ門マンスール門

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android