コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルワー門 ルワーモン

デジタル大辞泉の解説

ルワー‐もん【ルワー門】

Bab el Rouah》モロッコの首都ラバトにある門。12世紀末、ムワッヒド朝のヤークーブ=アル=マンスールにより建造。保存状態が良いことで知られる。内部はギャラリーになっており、同国の現代美術作品が展示されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ルワー門の関連キーワードバベルマンデブ海峡ムリサ門イエメン門バーブ廟アグノウ門ズウェーラ門ナスル門ブージュルード門フトゥーフ門マンスール門

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android