ルンダ諸族(読み)ルンダしょぞく(英語表記)Lunda peoples

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルンダ諸族
ルンダしょぞく
Lunda peoples

コンゴ民主共和国南東部,アンゴラ東部,ザンビア北西部などに分布し,かつてルンダ王国を形成したバンツー語系諸族の総称。分断されたサバナに居住し,カゼンベ,シンシェ,カノンゲシャ,ンデンブ,ルバレ,チョクウェ,ルチャジ,ソンゴ,ムブンダの独立した首長国に分れる。採集狩猟経済から,鍬耕による雑穀,芋類,豆類の移動栽培に転じている。地域間の交易が盛んで,かつては奴隷・象牙貿易にも従った。出自は父系,母系,二重単系など多様である。寡婦相続,交差いとこ婚が行われる。宗教は天と地の神を最高神として祀っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android