コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・コルビュジエと世界遺産 るこるびゅじえとせかいいさんLe Corbusier and World Heritage

知恵蔵の解説

ル・コルビュジエと世界遺産

世界遺産は、1972年にユネスコで採択された「世界遺産条約」に基づいて後世に残していくべきと指定・登録された遺跡や景観の総称である。その1カテゴリーである文化遺産は比較的歴史の浅い近代建築も対象とし、一国の枠を越えての登録も認められている。現在、フランス政府は20世紀モダニズムを代表する同国の建築家ル・コルビュジエの作品群の世界遺産登録準備を進めているが、生前から国際的に活躍していたル・コルビュジエの代表作は世界各地に分散している。今回候補としてリストアップされた23作品の所在地はフランスのほかスイス、ドイツ、ベルギー、インド、アルゼンチン、日本の各国にまたがっており、その23作品の中には、日本でも唯一のル・コルビュジエ作品である国立西洋美術館も含まれている。日本の国内法では、世界遺産への推薦には重要文化財指定が必須要件であるため、文化庁では2008年1月までに指定手続きを済ませる予定。建造物の重要文化財指定には最低でも築50年という目安があるため、1959年竣工でその条件を満たしていない国立西洋美術館の指定は、国際文化交流を優先した特例措置だといえそうだ。フランス政府は、日本を始めとする関係各国の協力を得て、最短で2009年夏の世界遺産登録を目指している。

(暮沢剛巳 建築評論家 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

ル・コルビュジエと世界遺産の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android