ル・シャトー・フロンテナック

デジタル大辞泉プラスの解説

ル・シャトー・フロンテナック

《Le Château Frontenac》カナダ、ケベック・シティーにある高級ホテル。1893年開業。セントローレンス川沿いに位置するフレンチ・ロマネスク風の建物は、アメリカの建築家ブルース・プライスによる設計。第二次世界大戦中には、連合国戦争指導会議「ケベック会談」の舞台となった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android