ル・ジュヌ(英語表記)Le Jeune, Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・ジュヌ
Le Jeune, Claude

[生]1527頃. バランシエンヌ
[没]1600.9.25. パリ
フランドル生れのフランスの作曲家。 1564年以降パリで活躍。国王アンリ3世の弟アンジュー公フランソアの楽長として仕え,のちアンリ4世の保護を受けて新教徒ユグノー派に属した。詩人 A.バイフと協力して古代韻律による"musique mesurée"の技法でシャンソンを作曲,また C.グディメルとともにユグノー派の詩編歌を作曲した。代表作はシャンソン集『春』 (1603) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android