コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ジュヌ Le Jeune, Claude

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ル・ジュヌ
Le Jeune, Claude

[生]1527頃. バランシエンヌ
[没]1600.9.25. パリ
フランドル生れのフランスの作曲家。 1564年以降パリで活躍。国王アンリ3世の弟アンジュー公フランソアの楽長として仕え,のちアンリ4世の保護を受けて新教徒ユグノー派に属した。詩人 A.バイフと協力して古代韻律による"musique mesurée"の技法でシャンソンを作曲,また C.グディメルとともにユグノー派の詩編歌を作曲した。代表作はシャンソン集『春』 (1603) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android