コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーテンバッハー症候群 ルーテンバッハーしょうこうぐんLutembacher syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーテンバッハー症候群
ルーテンバッハーしょうこうぐん
Lutembacher syndrome

ルタンバッシェ症候群ともいう。心房中隔欠損 (ASD) と僧帽弁狭窄 (MS) が合併した状態で,きわめてまれな疾患。病態は ASDの大きさと MSの程度で決り,臨床症状もさまざまであるが,ASDおよび MSに類似の経過をとり,両疾患単独よりも予後は悪い。治療には通常,僧帽弁交連切開術と心房中隔欠損閉鎖術が行われており,手術成績は良好である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android