コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートウィヒ[4世] Ludwig IV

世界大百科事典 第2版の解説

ルートウィヒ[4世]【Ludwig IV】

1287ころ‐1347
ウィッテルスバハ家のバイエルン大公(在位1302‐47),ドイツ王(在位1314‐47),神聖ローマ皇帝(在位1328‐47)。反ハプスブルク派の支持を得,同家のフリードリヒ美王をミュールドルフMühldorfの戦(1322)で破るが,国王選挙認可権を主張するアビニョン教皇と争い破門さる。イタリア遠征(1327‐30)後は選帝侯,イギリス王と提携を深め,フランス王を牽制しつつ,国王・皇帝選挙への教皇の介入を拒否した(1338年の選帝侯の〈判告〉と〈帝国法〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルートウィヒ[4世]の言及

【ヨハネス[22世]】より

…教皇クレメンス5世により12年枢機卿となり,16年から教皇に就任。以後アビニョンの教皇宮廷を確立し,フランシスコ会心霊派の清貧観を批判し,皇帝ルートウィヒ4世を異端として破門した。教皇はローマ教会の組織化,教皇庁の財政再建に顕著な成果をあげたが,親族優遇の傾向が強かった。…

※「ルートウィヒ[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルートウィヒ[4世]の関連キーワードルートウィヒ4世伏見天皇ペグー朝ワレル元の時代(年表)小笠原貞宗バフマニー朝ヨハネス[6世]バフマニー朝ルートウィヒ4世[バイエルン公]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android