コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルートウィヒ[4世] Ludwig IV

1件 の用語解説(ルートウィヒ[4世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルートウィヒ[4世]【Ludwig IV】

1287ころ‐1347
ウィッテルスバハ家バイエルン大公(在位1302‐47),ドイツ王(在位1314‐47),神聖ローマ皇帝(在位1328‐47)。反ハプスブルク派の支持を得,同家のフリードリヒ美王をミュールドルフMühldorfの戦(1322)で破るが,国王選挙認可権を主張するアビニョン教皇と争い破門さる。イタリア遠征(1327‐30)後は選帝侯,イギリス王と提携を深め,フランス王を牽制しつつ,国王・皇帝選挙への教皇の介入を拒否した(1338年の選帝侯の〈判告〉と〈帝国法〉)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のルートウィヒ[4世]の言及

【ヨハネス[22世]】より

…教皇クレメンス5世により12年枢機卿となり,16年から教皇に就任。以後アビニョンの教皇宮廷を確立し,フランシスコ会心霊派の清貧観を批判し,皇帝ルートウィヒ4世を異端として破門した。教皇はローマ教会の組織化,教皇庁の財政再建に顕著な成果をあげたが,親族優遇の傾向が強かった。…

※「ルートウィヒ[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルートウィヒ[4世]の関連キーワードウィッテカールスバートカスバウィッティールックウィッテリアニンフェンブルク城ホフブロイハウスウィッシュアルスバッハ岩ティッテル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone