コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーマニア民族統一党 ルーマニアみんぞくとういつとうPartidul Unitǎţii Nationale Române

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルーマニア民族統一党
ルーマニアみんぞくとういつとう
Partidul Unitǎţii Nationale Române

ルーマニア,トランシルバニア地域のルーマニア人の利益を代表する政党。同地域に居住するハンガリー人がハンガリー人民主連合を組織したのに対抗し,1990年3月に創設。政治綱領に大ルーマニアの領土維持を第一に掲げるなど民族主義色を全面に押出し,ルーマニア統一運動の支持を受けて勢力を拡大。 92年9月の総選挙では 30議席を獲得して第4党となり,社会民主主義党主導のもとに大ルーマニア党,社会主義労働者党などと連立を組みニコラエ・バカロイウ首相を支えた。しかし対ハンガリー政策をめぐり社会民主主義党と対立,96年1月に連立を解消した。同時に党内も分裂し,強硬派のゲオルゲ・フナル党首に反発する勢力が相次いで離党し,96年 11月の総選挙では大きく議席を減らした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルーマニア民族統一党の関連キーワードルーマニア社会民主主義党

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android