コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シャトリエの法則 ルシャトリエのほうそくLe Chatelier’s law

世界大百科事典 第2版の解説

ルシャトリエのほうそく【ル・シャトリエの法則 Le Chatelier’s law】

化学平衡の状態にある反応混合物に,外部から平衡を破るような変動(温度や圧力など)が加わったとき,その変動を打ち消す方向に反応が進み新しい平衡状態に達するという法則。この法則はH.L.ル・シャトリエ(1884)およびK.F.ブラウン(1887)が導いたものなので,ル・シャトリエ=ブラウンの法則ともいう。たとえば,化学平衡にある系に熱を加えて温度を上げると,吸熱の方向に反応が進み,冷却して温度を下げると,発熱の方向に反応が進み新しい平衡に達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ル・シャトリエの法則の関連キーワードル・シャトリエ‐ファントホッフの法則ル・シャトリエ=ブラウンの法則ル・シャトリエ‐ブラウンの法則ル・シャトリエの原理共通イオン効果ル・シャトリエ平衡移動の原理ロビンの法則溶解熱慣性

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android