コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・シャトリエ Henry Louis Le Chatelier

1件 の用語解説(ル・シャトリエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ル・シャトリエ【Henry Louis Le Chatelier】

1850‐1936
フランスの化学者。鉱山監督官の子としてパリに生まれる。エコール・ポリテクニクおよび鉱山学校を卒業し,1877年鉱山学校の教授に就任する。1907年よりソルボンヌ大学教授となる。セメントの研究から発展して,1884年〈ル・シャトリエの法則〉として知られている化学平衡に関する法則を導き,化学工業の合理化に大きく寄与した。研究業績はつねに化学の応用面に結びつき,セメントの焼成・硬化,気体の燃焼・爆発,合金の状態変化などにおよぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ル・シャトリエの関連キーワードデバイペランベルトロリトレフランス銀行ルシャトリエアルボアフランスソワールマンデスフランスラボアジェ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ル・シャトリエの関連情報