コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・ナン兄弟(読み)ルナンきょうだい

世界大百科事典 第2版の解説

ルナンきょうだい【ル・ナン兄弟】

フランスの画家兄弟。5人兄弟のうち3人が画家で,順にアントアーヌAntoine le Nain(1600ころ‐48),ルイLouis le Nain(1605ころ‐48),マチューMathieu le Nain(1610‐77)。ともにランに生まれ,パリで没。その伝記には不明の部分が多い。パリに出,1648年そろってアカデミーの会員となったことが知られる。これは,3人が共同して制作に当たっていたがゆえと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のル・ナン兄弟の言及

【バロック美術】より


[フランス]
 フランスでは17世紀の初頭まで,マニエリスムのフォンテンブロー派が尾を引いていた。カラバッジョ派のバランタン・ド・ブーローニュがまず清新の気を伝え,風俗画のル・ナン兄弟,明暗様式のG.deラ・トゥールなどが〈プロト・バロック〉を代表する。彼らはカラバッジョやリベラと同じく,極度に技巧化したマニエリスムを克服し,現実生活に眼を向けた精神の革新のモメントを代表しているといえよう。…

※「ル・ナン兄弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android