コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ル・フォール Gertrud von le Fort

世界大百科事典 第2版の解説

ル・フォール【Gertrud von le Fort】

1876‐1971
ユグノー派のフランスからの亡命貴族出身の女流作家。敬虔な家庭に育ち,ハイデルベルクベルリン神学,哲学,歴史学を学んだが,恩師である宗教哲学者トレルチの指導をうけ,詩集《教会への讃歌》(1924)で中世教会の栄光をたたえるにおよび,50歳でカトリックに改宗した。《ベロニカの聖帛》(1928)はこの宗教的体験を描いた自伝的小説で,神を喪失した現代への警告の書として,当時カトリック教界で大きな反響をよんだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ル・フォールの関連キーワードA.M. リュニェ・ポーバレーボールの用語イル・ド・フランスシュティフターリュニェ・ポー西フランク王国フランス社会党バレーボールチャーチル川フランス演劇リュネ・ポー10月11日ロベール1世テニスの用語ラブラドルベルナノスアンジューパリ大学グレーズカペー家